コレステロール

コレステロールと健康

生活習慣病などコレステロールに関わる健康問題について

大事な成分コレステロール

頻繁に耳にするコレステロールは、体の中にある脂質の一分類です。
コレステロールというと、不健康な印象や肥満という印象を受ける人も少なくありません。
確かに、コレステロールの摂取過多は肥満や病気になりやすい状態を作ってしまいます。
しかしながら、コレステロールは細胞膜や神経の形成のため、私たちにとって不可欠なものです。

それに、コレステロールはホルモンを作る役割も担っており、男性ホルモンや女性ホルモン、それから副腎皮質ホルモンなどを作り出す大事な成分なのです。
それだけでなくコレステロールは、食品の消化や吸収になくてはならない胆汁の主成分である胆汁酸を作る役割もしています。
うまく体を機能させるために必要なコレステロールが足りないと、たくさんのトラブルが起こる可能性があります。
細胞膜を作るコレステロールが少なくなると、健康的な細胞の保持が簡単ではなくなります。

最終的には、病気に対抗する力となる免疫力の落ち込みが出てきて、通常より病気を患いやすくなります。
そして、神経の伝達に障害がでたり十分な胆汁が生成されないと消化不良などのトラブルも起こります。
このように体のトラブルを減らすために、程々のコレステロールが求められるのです。
1日に相応しいコレステロールはおよそ1.5〜2.0gほどとされています。
全体量の70〜80%は肝臓を中心に体の中で作られ、食べ物から摂る分の20〜30%と併せて、正常な人体をキープするために使われています。

通常では、適量を超えるコレステロールを摂ったとしても、体内で作られるコレステロールの量を自発的にカットしてくれて、体内のコレステロールを一定量に調整してくれます。
ところが、年を重ねるにつれその機能が衰えてしまうためコレステロールの量を一定に保つことができないようです。

ウォーターサーバー設置の長所

1.安全な水を飲用すべきである。

新鮮な状態で濾過されたRO水は飲み物として自然な水で、不純物の無く飲用向きである。もし水道水の塩素が匂うならば、残留している塩素が衛生面に影響する。水クリーナー、およびカートリッジの交換によって清潔になるので、カートリッジ交換は不可欠である。

ミネラルウォーターは店頭売りの水なので空気に触れる機会がある。したがって常に清潔にすることを要求される。ウォーターサーバーは個々の会社で、注文ペースおよび注文ノルマがあるが全然ない会社もある。従って、水の使用頻度を考慮し最も最適な会社を選ぶべき。

2.冷水と温水はいつでも使える。

ウォーターサーバーは冷水や湯をいつも使うことができることが最も大きい長所である。冷水は冷蔵庫で準備できるけれども、いつも準備する必要があって面倒だ。お湯は、沸騰させるのに時間がかかり、それも非常に厄介である。

コーヒー、緑茶、赤ん坊のミルクおよびインスタントラーメンなどでお湯を必要とする時にも、ウォーターサーバーがあれば沸騰する時間なしで直ちに準備できる。

3.重い水ボトルを運ぶ必要が無い

どこでも水を買うことはできるが、水のペットボトルを1箱(12本)で買うと運ぶのに苦労する。その点ウォーターサーバー業者は水を家まで宅配する。従って、あなたは重い水を運ぶ必要がなく、買い物の時間も省略できる。

4.備蓄水にもなる

ウォーターサーバーのボトルは1つで約12L入っている。従って、緊急時にも飲用水として使用できる。災害時には水を確保する必要があり備蓄水を買う人もいるが、消費期限の問題もある。ウォーターサーバーは、いつも綺麗な水が届いているので取り替えられるのでその心配もいらない。大手の会社と契約すれば、災害の時にも水が足りないということはほとんどないであろう。