コレステロール

健康診断

生活習慣病などコレステロールに関わる健康問題について

健康診断

特に健康診断に行ったりすると、コレステロールを話題にすることもあるでしょう。
コレステロールは、過剰であっても、欠乏であっても人間の体にトラブルを引き起こすリスクがあります。
動脈硬化などの危険な病気のイメージをコレステロールには持ってしまいがちですが、必ずしもコレステロールは血管の中に限って溜め込まれているのではないのです。
脳以外にも、筋肉や内臓などに分布しており、細胞膜を健全な状態に保つという役割を担っています。
健康診断で出された結果を確認すると、総コレステロール、HDLコレステロール、LDLコレステロールという項目がそれぞれ記載されていると思います。
総コレステロールは、HDLとLDLの2つを足したものを意味するので、代表的なコレステロールの種類は2つに絞られることになります。
正式にはさらにたくさんの種類があるのですが、健康診断などに深い関わりがあるのは2種類のコレステロールなのです。
混乱してしまうかもしれませんが、細かくはLDLもHDLもコレステロールには含まれません。
脂質の1つであるコレステロールは血液中にそのまま溶けるということはありません。
実際は、リポ蛋白というのを利用して血液中を移動しています。
この際に使うリポ蛋白がHDLとLDLになります。
HDLを利用し移動するコレステロールをHDLコレステロールといい、LDLを利用するものをLDLコレステロールと分けているのです。
元来は同じコレステロールですが、行き来する際に駆使するリポ蛋白が違う働きをすることから善玉コレステロール、悪玉コレステロールと分けられています。
この中で、善玉コレステロールのことはHDLコレステロール、LDLコレステロールを悪玉コレステロールとなります。

関連記事