コレステロール

コレステロールは必要

生活習慣病などコレステロールに関わる健康問題について

コレステロールと健康 > コレステロール対策 > コレステロールは必要

コレステロールは必要

コレステロールは、健全な状態をキープするために重要です。
とはいえ、なくてはならないとしても余分に見られるというのはトラブルのリスクを高めます。
この中で、悪玉に該当するLDLコレステロールが必要以上に見られるのが良くなく、メタボリックシンドロームをはじめ成人病の引き金にもなります。
自分自身の健康のために、基準よりコレステロールが高いときには下げるようにしたほうがいいでしょう。
常日頃から口にする食べ物により、コレステロールの値を低く抑えることができます。
何と言っても、水溶性食物繊維を含む食品が過剰なコレステロール値を良くするのに役立ちます。
特に、ねばねば食品の山芋やオクラに含まれるムチン、海藻のワカメや昆布に見られるアルギニンは、コレステロールの値を調整してくれます。
水溶性食物繊維は、腸の中でコレステロールを包み込み体外へと排出する作用がありますので、コレステロールの上昇を抑えることができます。
これ以外に、基準より高いコレステロール値の偏りをなくすには、不飽和脂肪酸を多く含む食品を食べるといいようです。
コレステロールが沈着する現象を、不飽和脂肪酸には抑止する効果がありますから、結果的にコレステロール値の低下に繋がります。
不飽和脂肪酸が多い食品としては、いわしやアジ、さばなどの背の青い魚があります。
オリーブオイルや菜種油、大豆油なども不飽和脂肪酸を多く含んでいます。
なお、コレステロールの代謝については肝臓との結び付きもあります。
しっかりと肝臓が働けなくなるとコレステロールの処理機能が連動して低くなり、血液中に留まることになり高コレステロール血症を起こす場合があります。
ですから、肝臓の機能を向上させるタウリンを含むものをとるのも、コレステロール値を減らすために有効な手段なのです。

コレステロールと密接に関連するのがニキビ。肌の脂が溜まるとニキビができやすくなります。特に背中ニキビに関しては脂分との関連性が強くでます。背中ニキビのケア商品人気ランキング]

関連記事