コレステロール

加齢とコレステロール

生活習慣病などコレステロールに関わる健康問題について

コレステロールと健康 > コレステロール対策 > 加齢とコレステロール

加齢とコレステロール

年齢を重ねることにより、体のコレステロールを正常に維持してくれる働きが悪くなってしまいます。
歳を取る前ならコレステロールを多く摂ってしまったような場合、特に気にせずとも体内で作られるコレステロールの量を調整してくれます。
けれども、年を取ると上手く調節することが難しくなり、体内のコレステロールが余りがちになります。
このため、若年層よりも年配者のほうがコレステロールの摂り過ぎということを気を配る必要があります。
常日頃の食事でたくさんのコレステロールを含有する食べ物を避けることも、体調を管理する意味では欠かせないことです。
コレステロールを多く含んでいる食品には、魚や動物の内臓、それから卵などが挙げられます。
詳しい食物に関しては、アンコウの肝、うなぎの肝、たらこ、いくらなどです。
お酒と一緒に食べるものにはコレステロール値が高いものがあるので、食べすぎには注意が必要でしょう。
その他に洋菓子なども高コレステロールのものがあるので摂取し過ぎないように心掛けましょう。
高コレステロールの食品を摂り過ぎないようにするのが理想的ですが、一口も食べてはいけないわけではありません。
好んで食べていたものでも多量のコレステロールを含んでいるからと、我慢して食べずにいてはストレスがたまってしまいます。
蓄積されたストレスもコレステロールを高めることに結び付きますから、ほどよく摂ることが大切です。

関連記事