コレステロール

2種類のコレステロール

生活習慣病などコレステロールに関わる健康問題について

コレステロールと健康 > コレステロール対策 > 2種類のコレステロール

2種類のコレステロール

コレステロールは善玉コレステロールと悪玉コレステロールの2つがあるというのを聞いたことがある人もたくさんいると思います。
コレステロールが病気の素というのは間違った思い込みで、私たちの体のために働いてくれるコレステロールもあります。
これは善玉コレステロールを指し、HDLコレステロールということもあります。
HDLコレステロールは、血液の中を行き来する場合にHDLと呼ばれるリポ蛋白を使って往来しているコレステロールを言います。
そもそも、善玉コレステロールは何の変哲もないコレステロールで、悪玉であるLDLコレステロールと差はありません。
しかしながら、成分の化合比により比重やサイズ、働き方が変わってくるため、善玉と悪玉に分かれているのです。
高比重リポ蛋白といわれるHDLはたんぱく質を多く含み体中で余分となったコレステロールを取り込み肝臓に持って行ってくれます。
また血管に蓄積されていくことで、動脈硬化を引き起こしかねない動脈壁に溜まったコレステロールも解消します。
このように健康を目指す私たちにとってよい働きをしてくれるコレステロールということで、善玉コレステロールといわれています。
健康に良い影響が受けられるHDLコレステロールの増量を目指すには、食べすぎないことが重要です。
きちんと毎食を摂り、食物繊維が豊富な食品を先に食べる、しっかりかんで食べるようにすると、早食いや大食いの抑制に効果があるようです。
中性脂肪の増加や肥満に陥ることは、役に立つ善玉コレステロールの数値を低くしてしまうので気をつけましょう。

関連記事