コレステロール

摂り過ぎ

生活習慣病などコレステロールに関わる健康問題について

摂り過ぎ

体を壊さないようにするためには、コレステロールの摂り過ぎは望ましくないと言われています。
コレステロールのなかでも、LDLコレステロールは悪玉コレステロールといい、人体に悪影響を及ぼすものです。
LDLコレステロールの場合、リポ蛋白に変化して血液中を移動しています。
血液の中のLDLコレステロールが余分に存在する状態に陥ると、往来をせずに、血液中に長く留まってしまいます。
LDLコレステロールは血液中に長期間存在していると、酸化して変性するのです。
変性したLDLコレステロールというのは血管壁に沈着しやすくなり、動脈硬化などを引き起こす可能性が高まります。
LDLコレステロールといっても、小型LDLと呼ばれる比重の小さいものは通常のものより肝臓に吸収されずに長い間血管内にいることになります。
このことから小型LDLコレステロールというのは違う名称の超悪玉コレステロールとして扱われることがあります。
体に悪影響を与えるとされる超悪玉コレステロールは、血圧、血糖値、中性脂肪が高かったり、また内臓脂肪型肥満などの場合に増えやすいといわれているので注意しましょう。
悪玉コレステロールをやっつけてくれるものとしては、干ししいたけやゴマ、緑茶などが代表的にあげられます。
抗酸化作用のあるセサミノールがゴマに含まれていて、その効果で悪玉コレステロールの酸化を防止してくれます。
他にも、干ししいたけが持つエリダニンと呼ばれる成分には、肝機能の代謝をあげる効果があるので効率良く悪玉コレステロールを撃退できます。

関連記事