コレステロール

コレステロール値

生活習慣病などコレステロールに関わる健康問題について

コレステロール値

コレステロール値が高い場合は、太ったり動脈硬化が起こりやすくなります。
高いコレステロール値を示す理由については、普段の食事のカロリーが高いことと日常的な運動不足が考えられます。
できるだけ脂肪を減らした食事メニューにすることは、コレステロールを低下させるのに効果的です。
食事での体質改善だけでなく、同時に運動療法に取り組むことでコレステロール値を抑えることができます。
高いコレステロール値の偏りをなくすには、有酸素運動がよいといわれています。
有酸素運動というのは、水泳やジョギングなどが代表的です。
コレステロール低下のための運動は、食事をとった後3時間経過してからスタートするのが適しています。
中性脂肪というのは食後3時間経過した時が最多になるタイミングですから、この際に運動を取り入れることで中性脂肪を効率的に落とすことができるのです。
体の中の中性脂肪を撃退することにより、人体によい影響を与える善玉コレステロールを増やしていくことに成功します。
しかしコレステロールを低く抑える運動といっても疲労感を感じるほどの運動はしなくても構いません。
チョット汗をかくくらいの運動を30分間から40分間、できるだけ毎日欠かさず、難しいようでしたら週に3〜4回は実行することが大切です。
コレステロールの低下を促す手段としては、ジョギングでしたら1日3から4キロ走るのがお勧めで、できるだけ時間をかけてゆっくりと走るといった方法が理想的な形です。
ウォーキングもダラダラと歩くのではなく、歩幅は広く、間違いのない姿勢で1日2から3キロほどを意識しながら行いましょう。
続けて実行することがコレステロール値を正す上で何よりも求められますので、無理のないように長期間できる運動を取り入れましょう。

関連記事