コレステロール

血管とコレステロール

生活習慣病などコレステロールに関わる健康問題について

コレステロールと健康 > コレステロール対策 > 血管とコレステロール

血管とコレステロール

人の体にとって、コレステロールは欠かせない存在です。
体内のコレステロールが足りないと、健康であるとはいえません。
しかしながら、全てにおいていえることですが多すぎるのはよくありません。
余計なコレステロールというのは、病気になるおそれがあるのです。
基準を超過したコレステロールを示すことで発生する病気で有名なもので、動脈硬化といったものがあります。
動脈硬化については、コレステロールが密接に関わっていると考えられています。
必要以上のコレステロールが血管の内部で滞ると、血管内部の内皮細胞の部分に損傷を負わせてしまいます。
損傷部分から悪玉コレステロールが侵入し、内皮細胞より深い内膜に行き着いてしまいます。
ダメージを受けた隙間から、コレステロールだけと限ったことではなく血小板やカルシウムも内膜に到達するのです。
これらのものは粘度が高く塊を作り出し、血管の中の広さを失わせます。
このように血管が狭くなる状態が心臓の冠動脈などで起こってしまう事態になると、狭心症や心筋梗塞といった病気を誘発します。
動脈硬化になると血管の柔軟さが失われるため、圧力がかかることで血管破裂のような命に繋がる重大な危機に陥る場合があります。
他にも、コレステロールが多いと招きやすい病気にコレステロール胆石が見られます。
コレステロールが原料となる胆汁酸は消化の補助をしていますが、高脂肪の食事やストレスが原因となり胆のうに胆石が作り出されるケースがあります。
要するにコレステロールが多すぎると望まない病気を患う可能性がありますから、偏りのない食事メニュー、定期的な運動を実践して上手くコレステロール値を正していきましょう。

関連記事