コレステロール

生活習慣病との関係

生活習慣病などコレステロールに関わる健康問題について

コレステロールと健康 > コレステロール対策 > 生活習慣病との関係

生活習慣病との関係

生活習慣病とよばれるものは、日頃の食生活や運動不足、嗜好品の愛用度やストレスといった日頃の暮らしで経験していることが要因の病気のことです。
内臓脂肪型肥満の状態でありながら、高血糖、高血圧、高脂血の3種類の中で2種類以上が引き起こされているケースをメタボリック症候群とされています。
色々な症状が発生したメタボリック症候群のケースでは、体にとってとても危険であるといえます。
生活習慣病、メタボリックシンドロームに、少なからずコレステロールは関係しています。
コレステロールは特に、高脂血症が発生することと関係性を持っています。
高脂血症(脂質異常症)と病院で判断されても、はじめのうちはただ血液中にコレステロールが多いというだけで、目立った自覚症状は引き起こされません。
しかし自覚症状がないからといって、過剰なコレステロール値のままで対策を講じないのはハイリスクです。
無自覚のうちに血管の内部にコレステロールが残るようになり、このことを知ったときには動脈硬化が悪化してしまった状態だといえるのです。
最後には、脳梗塞や心筋梗塞などの深刻な病に陥ることにもなりえます。
LDLコレステロール(悪玉コレステロール)の量が140mg/dl以上、そして善玉菌のHDLコレステロールが40mg/dl以下の場合、高脂血症に該当することになります。
生活習慣病はほとんど自分で気付かないうちに症状が進むため、これをサイレントキラーと称しています。
自分を過信するあまり軽視していると、突然死など取り返しのつかない状態になる恐れも考えられます。
ですから、定期健診などで異常が発見されたら、しっかりと解決することが肝心です。

関連記事